JAM Project 設立20周年
NEWS NEWS
JAM Project 「GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 完全生産限定版」Blu-ray早期予約者対象オンラインイベント開催決定
8月25日発売 JAM Project「GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 完全生産限定版」Blu-rayの発売を記念したオンラインイベントの開催が決定!

※今後の状況により、内容の変更・延期・中止となる場合がございます。予めご了承ください。

■イベント詳細
日程:2021年8月9日(月・祝)
時間:14:00~17:00 の間のいずれか
内容:エアハイタッチ会
(トークLIVEアプリ「WithLIVE」を使用したメンバー5人とのオンラインハイタッチイベントです)
■参加方法
対象商品を、全国アニメイトにて、対象期間中にご予約(全額内金)いただいた方にイベント応募用紙をお渡しいたします。ご応募いただいた方の中から抽選でイベントにご招待いたします。

応募用紙配布店舗:全国アニメイト(オンラインショップ含む)
応募締め切り:6月16日(水)23:59まで
当選発表:2021年7月中旬予定

※オンラインショップでは店舗と対応が異なる場合がございます。
詳細はオンラインショップの商品ページをご確認ください。
※ご当選者様には開催時間の間のいずれかのお時間にイベントにご参加いただけるシリアルナンバーをご案内させていただきます。お客様によるお時間の指定・変更はできません。

【対象商品】
JAM Project
GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 完全生産限定版
発売日:2021年08月25日(水)
価格:¥14,300(10%税込)/¥13,000(税抜)
品番:LABX-38475~7
JAN:4540774384754

【イベント応募・参加に関する注意事項】
※当オンラインイベントに参加するためには、WithLIVEアプリのダウンロード、および、
WithLIVEのユーザーアカウントの作成が必要となります。
IOS: https://apps.apple.com/jp/app/id1435318006
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.withlive
事前にダウンロードください。
※WithLIVEのアプリケーションを利用するにはiOS11.0以降、 Android 6.0以上の端末が必要です。
※当選ページにて、視聴シリアルをご案内いたします。
WithLIVEのWebページで特典コードを入力すると時間が指定されるので、予約を確定し、WithLIVEアプリで確認してください。
詳細はこちら https://withlive.zendesk.com/hc/ja/articles/360053119894
※お客様にて開始時間を指定することはできませんので予めご了承ください。
※予約が反映されていない場合、正しいアカウントでログインできておりません。
※お手持ちの端末にビデオ通話機能(カメラ等)が搭載され、正常に機能するか必ず事前にご確認のうえ、ご参加ください。
※お客様が配信時刻に何らかの理由で(通信状況など)参加できない場合はいかなる理由でもご購入者の責任となりますのでお気をつけください。
その際、再度のイベント実施・商品の返品はお受けできません。あらかじめ早めにアプリのLIVE予定→時間ごとの枠に入室しスタンバイしてください。(5分前から入室可能です)
※事前に視聴必要/推奨環境をご確認の上、視聴可能な環境にて閲覧をお願いいたします。
※視聴可能環境においても、お客様がご利用中のネットワークにより、一部アクセスが出来ない可能性がございます。予めご了承ください。
※LIVE配信中に万が一着信があった場合は一旦画面が止まりますが、すぐに着信を切っていただくと再開します。
※着信が来て停止した分の補償はお受けできません。
※イベントの性質上、開始時間に遅れますとご参加いただけない場合がございます。
※本イベントは当選者本人に限り、参加できます。イベントの際に当選者以外の2人以上で参加された場合、通信を切断させて頂きますので、予めご了承ください。
※イベント中はスタッフも同席しております。不適切な発言はおやめください。スタッフが不適切と判断した場合は、その場で通信を切断する可能性もございます。
その場合指定時間が経過していなくとも、再開はいたしませんのであらかじめご了承ください。
※安全と防犯のためビデオ通話の内容は全て監視・録画されます。
※会話の途中でもお時間になりましたら終了とさせて頂きます。ご了承ください。
※イベント中はカメラをオンにして頂きますようお願いします。
※参加には、インターネットに接続された環境が必要です。
※ご参加に際しての通信料および通信デバイス環境に関する責にはご対応できかねますので、ご了承の上ご参加くださいますようお願いいたします。
※イベント中の写真撮影、画面撮影(スクリーンショット)、画面収録、録音等はいかなる場合も禁止致します。
※出来るだけ電波の良い環境にてのご参加を推奨いたします。また、回線は4Gを推奨しております。
※接続が不安定な場合は配信動画のクオリティを保証できません。
※お客様が配信時刻に何らかの理由で(通信状況など)参加できない場合は、いかなる理由でもご購入者の責任となりますのでお気をつけください。その際の商品の返品はお受けできません。あらかじめ早めにスタンバイしてください。
※配信視聴の為の通信料はお客様のご負担となります。
※極力、ご自宅等の通信状況が安定していて、静かな環境でご参加ください。
※お住いの地域における視聴不可能な事態やその他事由による閲覧不能が生じました際はご対応できかねますのでご了承のほどお願い申し上げます。
※本イベントの映像・写真が公開されることがあります。予めご理解の上、ご参加ください。
※本イベントは、反社会的勢力または集団に所属していると認められた方のご参加を固くお断りさせていただきます。
※感染防止対策を取って実施致します。
その時の感染状況次第では、アーティストの正面左右に飛沫防止用アクリル板設置やアーティスト本人がマスクやマウスシールド、フェイスシールドなど着用となる可能性があります。予めご了承ください
※公序良俗に反すると思われる行動、会話の内容に不適切な表現(誹謗中傷、回答のできない質問等)が見られた場合など、スタッフの判断により会話の途中でも中断してご退出いただく場合がございます。

■【WithLIVE のご利用がはじめての方へ】
https://withlive.zendesk.com/hc/ja/articles/360023827633

■【WithLIVE 会員登録方法】
https://withlive.zendesk.com/hc/ja/articles/360053906533

■【WithLIVE ご利用にあたっての注意事項】
https://withlive.zendesk.com/hc/ja/articles/360053132834

※イベント前日夜間~当日のお問い合わせには対応しかねる場合がございます。予めご了承ください

【販売方法、購入者への配信メールに関する問い合わせ先】
https://www.animate.co.jp/support/contact/
JAM Project 「GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 完全生産限定版」Blu-ray店舗購入特典内容公開
8月25日発売 JAM Project「GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 完全生産限定版」Blu-rayの店舗購入特典内容を公開!

【店舗購入特典/対象チェーン】
JAM Project オリジナルポップコーンケース

A-on STORE
A-on STORE Powered by A!SMART(L-MART)
全国アニメイト(アニメイト通販含む、秋葉原別館対象外)
Amazon.co.jp
ゲーマーズ全店(オンラインショップ含む)
上新電機ディスクピア(Joshin webショップ含む)
セブンネットショッピング
ソフマップ×アニメガ(一部店舗除く)
タワーレコード(一部店舗を除く)
TSUTAYAオンライン(予約のみ)
とらのあな
ネオ・ウィング
ヨドバシカメラ
楽天ブックスなど

※一部実施のない店舗もございます。
※特典の有無についての詳細は各店舗様へご確認をお願いいたします。
※特典はなくなり次第終了となります。予めご了承ください。

【対象商品】
JAM Project
GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 完全生産限定版
発売日:2021年08月25日(水)
価格:¥14,300(10%税込)/¥13,000(税抜)
品番:LABX-38475~7
JAN:4540774384754
JAM Project ドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』 Blu-ray&DVD発売・配信決定!
2月26日から2週間限定で全国劇場公開したJAM Project初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』のBlu-ray&DVDの発売が決定した、さらに発売に先駆けて配信も決定!

<商品情報>
GET OVER -JAM Project THE MOVIE- 
発売日:2021年08月25日(水)

【完全生産限定版】
価格:¥14,300 (10%税込)/¥13,000 (税抜)
品番:LABX-38475~7
仕様 : BD3枚+Tシャツ(フリーサイズ)
映画本編・予告映像・スペシャルコンテンツ
「JAM Project 20th Anniversary Special JAM FES.〈JAPAN ANISONG MEETING FESTIVAL〉」のダイジェスト映像など豪華映像特典を収録
さらにここでしか手に入らないオリジナルTシャツを同梱

【通常版Blu-ray】
価格:¥6,380 (10%税込)/¥5,800 (税抜)
品番:LABX-8475
映画本編・予告映像・スペシャルコンテンツ

【通常版DVD】
価格:¥5,280 (10%税込)/¥4,800 (税抜)
品番:LABM-7296
映画本編・予告映像・スペシャルコンテンツ

発売元・販売元 : バンダイナムコアーツ

<配信情報>
動画配信サービスにて、4月15日 正午より、配信開始
詳細は各動画配信サービスのサイトをご確認ください。

<作品情報>
世界に日本のアニソンを躍進させた開拓者であり、“レジェンド”と称されるスーパーユニット・JAM Projectの結成20周年を記念した初のドキュメンタリー映画。460日間にわたって長期密着を行う中で、誰も予測し得なかった新型コロナウイルス感染症の影響により、予定されていたライブツアーは次々と中止になっていった……。
そんな今だからこそ浮かび上がる、音楽を通して世界を勇気付けてきた彼らの真実のメッセージとは? メンバー自身でさえ知らなかったと驚く“誰も見たことのないJAM Project”の姿が、ここにある。

監督 大澤嘉工
出演 JAM Project:影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹
Guest Artist:ALI PROJECT、angela、GRANRODEO、FLOW、梶浦由記
公式サイト jamproject-movie.jamjamsite.com
©2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS
水木一郎、松本梨香、坂本英三が熱くエール!JAM Projectを彩った旧メンバーからのコメント到着!
いよいよ明日2月26日(金)から公開!
JAM Projectの歴史を彩った旧メンバーである
水木一郎さん、松本梨香さん、坂本英三さんからのコメントが到着しました。

それぞれ、メンバー経験者だからこそのJAM Projectへの想いと結成20周年へのお祝い、そして、これからの活動に対してのエールともいえるコメントとなっております。また、今回のドキュメンタリー映画を観て感じたことを熱く綴った内容になっています。

水木一郎さんは、「俺がアニソンとともに歩んだ半世紀を縦糸とするなら、JAMはこの業界に厚みを与えてくれた横糸のようなもの。アニソンの明日のために、互いに切磋琢磨していこうゼーット!」と熱くエールを贈り、
松本梨香さんは、「恩返しをするためにJAM Projectに一生懸命向き合い、メンバーと一緒に2008年まで歌を届けられた事、とても大切な思い出です。自分がお休みしてからもずっと魂の歌を紡ぎ続けてくれている事に感謝の気持ちでいっぱいです。JAM Project、永遠に♪♪♪」とコメント。
そして、坂本英三さんは、「常に戦いを挑み続けた20年間。決して平坦な道ではなかったと思いますが、どんな障害や壁も乗り越えてきたグループに尊敬と誇りと感謝の念を禁じ得ないです。」とし、「この映画を観て熱くならないはずがない。きっとあなたにも静かに熱く問いかけてくるはずです。ありがとうJAM Project」とコメントしました。

すべてのコメントはこちらのページ にて公開。(順次、公式TwitterでもUP予定)。

そして、劇場前売り券(ムビチケ)販売は本日まで!
前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちら をご覧ください。

JAM Projectを彩った旧メンバーからのコメントはこちらからチェック!
http://jamproject-movie.jamjamsite.com/comment
「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」感想ツイートキャンペーン
JAM Project 初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』が、ついに2月26日から2週間限定ロードショースタートとなります!

それに伴い、「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」感想ツイートキャンペーンの実施が決定いたしました!

<「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」感想ツイートキャンペーン> 参加者から抽選で20名様に「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」プレスリリースをプレゼント!

【ご参加方法】:
①公式Twitter(@JAMProject_eiga)をフォロー
https://twitter.com/JAMProject_eiga ②「#JAM映画みた」を入れて、映画半券をUPまたは感想をツイート

【期間】:2月26日(金)~3月11日(木)(上映期間)


劇場前売り券(ムビチケ)の販売は明日・2月25日まで!
価格:2,300円(税込)
<前売特典>「バックステージパス風ステッカー」(全5種ランダム配布)
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき特典1枚。
※特典の種類はお選び頂けません。
※特典は数量限定につき、なくなり次第配布終了。
詳細はこちら
『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』オリジナルグッズ発売決定!
『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』上映館にて、オリジナルグッズの販売が決定いたしました!


「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」オリジナルグッズ一覧
◆劇場パンフレット     1,200円(税込)

◆ビジュアルB2ポスター     1,100円(税込)


◆クリアファイル         440円(税込)


◆ポストカードセット(7枚入り) 1,100円(税込)


◆ロゴステッカー         440円(税込)


◆アクリルロゴキーホルダー    880円(税込)


◆アクリルスタンドセット     4,400円(税込)


お買い求めは上映劇場(一部を除く)にて!
 上映館一覧はこちら

*パンフレットを除くグッズにつきましてはステラ通販でもお買い求めいただけます。
https://www.stellatuhan.com/ 
*売切の場合がございますので、ご了承ください。


さらに20周年ツアーグッズも販売!
◇JAM Project tour2020 マフラータオル     2,000円(税込)


ツアーアイテムの定番、20周年ロゴ入りマフラータオル!熱く盛り上がるにはマストなアイテムです!!


◇JAM Project tour2020 トートバッグ/ネイビー     1,500円(税込)


クールな20周年ロゴをあしらったトートバッグです!

◇JAM Project tour2020 ペンライト     3,500円(税込)


ライブの定番アイテムが20thアニバーサリーにふさわしいスペシャルなデザインで登場!
14色に切り替え可能なので、曲に合わせてカラーリングをチェンジしよう!!

◇JAM Project tour2020 ツアーTシャツ(ブラック)      3,000円(税込)

バックプリントに20周年ロゴをあしらったツアーオフィシャルTシャツ!サイズはS~XXLまで!!


ぜひこの機会にお買い求めください。
いよいよ公開間近!森口博子、ROLAND、LiLiCo、畑亜貴、杉田智和、古川慎ら著名人からのコメント一挙解禁!
JAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、JAM Projectとゆかりが深い著名人からのコメントを一挙解禁!

今回コメントを寄せたのは、森口博子さん(歌手・タレント)、LiLiCoさん(映画コメンテーター)、畑亜貴さん(作詞家)、杉田智和さん(声優)、古川慎さん(声優)、寺田貴信さん(スーパーロボット大戦シリーズプロデューサー)、齋藤光二さん(アニメロサマーライブ統括プロデューサー)、そしてROLANDさん(タレント・実業家)からは動画でのコメントが届きました。
8名がそれぞれJAM Project結成20周年とドキュメンタリー映画公開へのお祝いとともに、いまだ衰えぬ音楽=アニソンへの情熱と圧倒的なライブパフォーマンスにリスペクトを込めたコメントを贈っています。

かねてより親交が深い歌手・タレントの森口博子さんは、「興奮冷めやらぬ!世界が認める最強モンスター!JAMの皆さんはもう日本の無形文化遺産だ!改めて実感!滾る熱い歌声!この映画を観て、人生、年齢のせいにして言い訳なんかできないと心が震えました。」と熱くコメントし、映画コメンテーターのLiLiCoさんは、「本気で頑張って来たからこそしっかりと生き様に刻まれていて、心に沁みる言葉もたくさん得ることが出来ました!最高で最強!彼らから生きてる音がした!」と最大限の賛辞を表現したコメントを寄せております。

さらに作詞家の畑亜貴さんは、「誰もが人生の道無き道を切り開くために戦っている、そして戦いには終わりがないのだと、あらためて自分に気合いを入れ直すことができました。」とコメント。また、声優の杉田智和さんは「不安はある、弱音も吐く、だが進む。たった一つの冴えた答えは、見る者をどこまでも奮起させる。」、同じく声優の古川慎さんは、「歌声、パフォーマンスの全てが、画面越しでも叩きつけられて…パワーを貰える、活力が沸き上がって来る感覚が堪りません。」といまだ闘い続けるレジェンドに対して熱くコメントを寄せた。

長く深いお付き合いのあるプロデューサー陣からもコメントが寄せらせ、寺田貴信さん(スーパーロボット大戦シリーズプロデューサー)は、「この作品にはJAM Projectの真実が描かれています。スクリーンに映し出されるライブであっても、リアルなインパクトを観客に与えるアーティストさん達と、彼らを支えるスタッフさん達の力を感じて下さい。そこに今という時代の活路が垣間見えるかも知れません。」。また、齋藤光二さん(アニメロサマーライブ統括プロデューサー)は、「2005年、アニサマの誕生にも命を吹き込んでくれた先駆者たちの今、見えない敵に対峙し全力でぶつかっている姿に自分の魂も嬉しく震えました。」とコメントした。

タレント・実業家のROLANDさんからのJAM Projectへの愛情溢れる動画コメントも必見!

すべてのコメントはこちらのページにて公開。(順次、公式TwitterでもUP予定)。

そして、劇場前売り券(ムビチケ)は絶賛発売中!
前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
ムビチケの発売は2月25日(木)までなので、売り切れる前にご購入お忘れなく!
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちらをご覧ください。

JAM Projectとゆかりが深い著名人からのコメントはこちらからチェック!
http://jamproject-movie.jamjamsite.com/comment
JAM Project登壇!舞台挨拶付きプレミア上映会開催決定!今だから話せる“結成20年”の秘話を語る
このたび、コロナ禍を乗り越え本作が完成し、2月26日(金)の公開に先駆け2月23日(火・祝)にJAM Projectの5人が登壇する『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』舞台挨拶付きプレミア上映会を開催することが決定いたしました。MCに、アニメ、アニソンに造詣の深い吉田尚記さんを迎え、結成20年のJAM Projectにこれまでの歩みについて切り込んでいきます。

舞台挨拶では、自身らのドキュメンタリー映画については語ってもらうのはもちろんのこと、これまでの活動の中で起きた驚きの体験や、この5人だからこそできた経験などについても語ってもらいます。

【イベント情報】 ■イベント名:『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』舞台挨拶付きプレミア上映会
        ※舞台挨拶は中継になります。
■日程:2月23日(祝・火)15:00の回上映前舞台挨拶中継
舞台挨拶(約30~40分※︎予定)+本編上映(114分)
※上記時間は変更となる可能性がございます。
■登壇者:JAM Project(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)
  MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
■中継先劇場:TOHOシネマズ 六本木(東京)、TOHOシネマズ梅田(大阪)

※登壇者の予定は変更になることもございますので、あらかじめご了承ください。
※中継先の劇場には、ゲストの登壇はございません。

料金:2,500円均一
※ムビチケ使用不可、招待券・無料鑑賞使用不可、各種割引適用不可
※プレミアボックスシート、プレミアラグジュアリーシートをご利用の際は別途追加料金がかかります。


チケット販売
インターネットチケット販売“vit”にて先行販売
東京:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/009/TNPI2000J01.do
大坂:TOHOシネマズ 梅田
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/037/TNPI2000J01.do

【PC・スマートフォン】2月21日(日)0:00~(2月20日(土)24:00~)
【劇場窓口】2月21日(日)劇場オープン時~
※シネマイレージ会員の早期購入(上映3日前、21時からの購入)対象
※インターネット先着販売のため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
※インターネット販売で完売となった際は、窓口での販売はございません。

■ご来場の際は、マスクの着用をはじめとする新型コロナウイルス感染症予防対策へのご協力をお願いいたします。(新型コロナウイルス感染予防の対応についてはこちら(https://www.tohotheater.jp/news/taisaku_corona.html
 ご協力いただけない場合には、ご鑑賞をお断りさせていただく場合がございます。
■舞台挨拶、本編のご鑑賞の際には、会話や発声はお控えください。

■生中継のため、途中映像が乱れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
■販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。
■インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
■営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
■イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
■イベント該当日時の回のチケットをご購入いただいた方のみ、イベントをご覧いただけます。
■劇場内での写真撮影(携帯カメラ含む)や録音は固くお断りいたします。
■チケット販売当日はアクセスが集中し、つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
■いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

新型コロナ感染症予防対策は、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより変更する場合がございます。また、一部の映画館、スクリーンでは対応が異なる場合がございます。

山田孝之「リアルなヒーロー初めて見ちゃった。」
林原めぐみ、スフィア、オーイシマサヨシら所縁ある著名人からコメント到着!
JAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、JAM Projectとゆかりが深い著名人からコメントが到着いたしました!

今回コメントを寄せたのは、山田孝之さん(俳優)、林原めぐみさん(声優)、スフィアの皆さん【寿 美菜子さん・高垣彩陽さん・戸松 遥さん・豊崎愛生さん】(声優ユニット)、オーイシマサヨシさん(アニソンシンガー)の4組。それぞれがJAM Project結成20周年とドキュメンタリー映画公開へのお祝いとともに、“アニソン”の開拓者として戦い続けてきたJAM Projectへの共感、そしてリスペクトを込めたコメントを贈っています。

山田孝之さんは、自身が主演を務めた連続ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』のオープニングテーマを、自らJAM Projectにオファーしたという経緯が。山田さんは「凄すぎる。なんてモノを見せつけてくるんだJAM projectは。こんなに強くて大きくて優しい勇気をもらった僕はどうしらたいのか戸惑っている。リアルなヒーロー初めて見ちゃった。」とコメントを寄せました。
林原めぐみさんは、代表作の1つ『スレイヤーズ』の主題歌「Get along」、「KUJIKENAIKARA!」を奥井雅美とデュエットで発表しているほか、当時奥井は、林原さんの仮歌を務めていたという経緯があります。「奥井さんと一緒に『スレイヤーズ』の曲に関われたことは、私にとって歌に向き合う本当の意味でのスタートだったと思います。「私には歌しかないからさ」と私に言い放ってくれた笑顔を忘れません。仲間であり、ガチバトルであろうJAM Project。私の知らないまっくんを覗けるのかな。たぶん、違いはないだろうけど…。」とJAM Project、そして奥井への想いを寄せました。

声優ユニット・スフィアの皆さんからは寿さん、高垣さん、戸松さん、豊崎さんの4人それぞれからコメントが到着。オーイシマサヨシさんからは、「どうしましょう、また好きになってしまいました」と率直な想いが寄せられました。

すべてのコメントはこちらのページにて公開。(順次、公式TwitterでもUP予定)。今後も、引き続き毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表いたしますのでお楽しみに!

そして、劇場前売り券(ムビチケ)は絶賛発売中!
前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちらをご覧ください。

JAM Projectとゆかりが深い著名人からのコメントはこちらからチェック!
コメント色紙&ステージ衣裳展示を「ランティスステーション」および「TOHOシネマズ 梅田」にて実施!
映画の公開に合わせて、JAM Project結成20周年と初の映画化にあたり、ゆかりの深い関係者から寄せらせたコメント色紙と、貴重なステージ衣装などの展示が決定!2月16日(火)~2月26日(金)まで東京・秋葉原の「ランティスステーション」、3月2日(火)~3月11日(木)まで大阪・梅田の「TOHOシネマズ 梅田」にて展示されます。


『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』コメント色紙&ステージ衣裳展示 ■東京
<期間>2月16日(火)~2月26日(金)
※最終日・2月26日(金)の展示は18:00まで
<場所>「ランティスステーション」https://www.lantis.jp/sta/
東京都千代田区外神田3-1-16
ダイドーリミテッドビル1階 アニON STATION AKIHABARA本店 内

■大阪
<期間>3月2日(火)~3月11日(木) 予定
<場所>「TOHOシネマズ 梅田」
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/037/TNPI2000J01.do
【本館】大阪市北区角田町7-10 7〜8F


劇場前売り券(ムビチケ)情報
絶賛発売中(※発売は2月25日まで)/価格:2,300円(税込)
<前売特典>「バックステージパス風ステッカー」(全5種ランダム配布)
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき特典1枚。
※特典の種類はお選び頂けません。
※特典は数量限定につき、なくなり次第配布終了。
詳細はこちら
配信特番『JAM BANG!(ジャムバン)』詳細決定!番組MCはオーイシマサヨシ&atsuko(angela)!


2月26日からの映画公開に先駆け、JAM Project結成20周年&映画化を記念した特別番組「JAM Project結成20周年と初のドキュメンタリー映画化を記念しての特別番組」略して、その名も『JAM BANG!(ジャムバン)』が、
<YouTube Lantis Channel>にて2月12日(金)20時~3月11日(木)までの期間限定公開となります。
初回プレミア公開は2月12日(金)20時から、全世界のファンと共にリアルタイムチャットで楽しむことができます。
また、合わせて「ファミリー劇場CLUB」では“スペシャルボーナストラック”(=未公開シーン)を加えたスペシャルバージョンを2月13日(土)から独占配信します。

さらに特番のMCとして、数々の番組でもMCをこなしJAM Projectともゆかりが深い、次世代アニソンシンガー代表のオーイシマサヨシさん、今回がMC初挑戦であり本作にもゲスト出演しているangelaのatsukoさんが登場!

アニソン界のレジェンド「JAM Project」の結成20周年、そして初の映画化を記念した特別番組「JAM BANG!」は、メンバー5人が勢ぞろいしての20年を振り返る映像を交えつつ、映像としては珍しいメンバーが互いについて語るコーナーや、ドキュメンタリー映画「GET OVER ―JAM Project THE MOVIE―」が密着してきた激動の1年あまり、そして未来への希望を語ります。さらに、SNSで公募したファンからの質問に応えるコーナーや、番組最後には“本邦初公開となるスゴイもの”の発表も予定されていますので、是非ご期待ください。

■JAM Project結成20周年&映画化記念特番!
『JAM BANG!(ジャムバン)』配信情報
①「YouTube Lantis Channel」:https://www.youtube.com/c/LantisJp2014/featured 2月12日(金)20時よりプレミア公開 <※3月11日(木)まで期間限定公開>
②「ファミリー劇場CLUB」:https://club.fami-geki.com/video/1870 2月13日(土)20時より配信<スペシャルボーナストラック付(未公開シーン付き)独占配信>

★ファミリー劇場CLUBとは?★
声優、アイドル、アニメ、オカルトなど、こだわりのジャンルを取り扱っており、ファミリー劇場CLUB限定の独占動画や番組ファン垂涎のお宝プレゼントが満載の会員制サービスです。
詳しくはこちら

■劇場前売り券(ムビチケ)
絶賛発売中(※発売は2月25日まで)/価格:2,300円(税込)
<前売特典>「バックステージパス風ステッカー」(全5種ランダム配布)
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき特典1枚。
※特典の種類はお選び頂けません。
※特典は数量限定につき、なくなり次第配布終了。
詳細はこちら
JAM Projectとゆかりが深い音楽関係者からのコメント解禁!
新たにJAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、JAM Projectとゆかりが深い音楽関係者からのコメントが解禁されました!

今回コメントを寄せたのは、森雪之丞さん(作詞家・詩人)、喜多修平さん(アニソンシンガー)、橋本みゆきさん(アニソンシンガー)、美郷あきさん(Artist)、nano.RIPEさん(アーティスト)、佐咲紗花さん(アニソンシンガー)の6人。それぞれがJAM Project結成20周年とドキュメンタリー映画公開へのお祝いとともに、“アニソン”の開拓者として戦い続けてきたJAM Projectへの共感、そしてリスペクトを込めたコメントを贈っています。

作詞家で詩人の森雪之丞さんからはコメントならぬJAM Projectの存在、そしてパフォーマンスを激烈に表現した“詩”が寄せられました。
2月6日(土)22時より放送の「SWITCHインタビュー達人達」(NHK Eテレ)では、影山ヒロノブとの対談企画もあり、お互い自らの歌のルーツを語り合う内容も見逃せません。
(番組公式サイト:https://www.nhk.jp/p/switch-int/ts/LX2PXXL3KL/

すべてのコメントはこちらのページにて公開。(順次、公式TwitterでもUP予定)。今後も、引き続き毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表いたしますのでお楽しみに!

そして、劇場前売り券(ムビチケ)は絶賛発売中!
前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちらをご覧ください。

JAM Projectとゆかりが深い音楽関係者からのコメントはこちらからチェック!
⇒http://jamproject-movie.jamjamsite.com/comment
JAM Project メンバーコメント出演情報
映画公開に際して、全国各地のラジオやTVにて
JAM Project メンバーが揃ってコメント出演いたします!

出演番組一覧はこちらをご覧ください。
JAM Projectメンバーから、インタビューが到着! CSファミリー劇場でJAM Project特集放送
CS放送ファミリー劇場にて、映画「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」の公開を記念して、JAM Projectが主題歌を担当した作品の中から、主演の山田孝之自らJAM ProjectにOPテーマをオファーした「勇者ヨシヒコと導かれし七人」、第1作目から長年にわたり主題歌を担当してきた特撮ドラマ「牙狼<GARO>」シリーズ最新作「 GARO-VERSUS ROAD-」ほかが特集放送されます。
 さらに、世界中どこへでも出向き、歌い、現地ファンを熱狂させてきたJAM Projectが、中東アブダビ初のアニメ・フェスに招聘され、アラブ圏での初ライブに挑む姿を追ったドキュメンタリー映画「JAM Project First Steps into the Middle East ANIME SONGS unite the world」(2016年)をTV初放送、また結成20周年を振り返るオリジナルミニ番組「JAM Project 20年のあゆみ」 をTV初放送されます。
また、「ファミリー劇場CLUB」では、JAM Project結成20周年と映画化を記念した、メンバー総出演による特別番組「JAM BANG!(ジャムバン)」の独占コンテンツを含んだ配信開始が2月12日(金)からに決定!(※※Lantis YouTube Channelではダイジェスト版を期間限定公開:2月12日~3月11日予定) 詳細は後日は発表されます。
世界を虜にするアニソンの魅力にも迫る特集放送をどうぞお見逃しなく!

JAM Project(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)
インタビュー全文



Q:20周年を振り返ってターニングポイントなどあればお聞かせください。
奥井雅美:
この5人のメンバーになったときかな。あとこのメンバーでワールドツアーに出かけた時とか。

影山ヒロノブ:
2000年の始めのうちはメンバーが動くことがあったので、このメンバーになってからユニットのスタイルが固まりましたね。そのまま時代的にアニソンがメジャーなものになっていったことと比例して、自分たちの活動も渋谷公会堂、日比谷野外音楽堂、NHKホール、武道館とキャパを広げて行って、2008年にワールドツアーまで大きくなったと思います。ターニングポイントというよりは、ずっと環境が目まぐるしく変わっていった20年でした。

Q:世界進出をしたきっかけは?
影山ヒロノブ:
初めはソロでアジア、ヨーロッパ、北米、南米問わずいろいろな国に呼ばれることが増えました。世界的にインターネットの普及も重なって、時差なく情報が広まっていったこともあり、ソロで各国のライブに参加した時、「今度はJAM Projectで来てください!」という声がかかるようになったことがきっかけだと思います。そこで満を持して・・・というタイミングで2008年にワールドツアーを行いました。アメリカやブラジル、スペインでも日本人が知らない頃から、各国のまだ小さな地域でアニメファンが始めたイベントが開催され始め、それが何十万人と集客するものになっていたころに自分たちの活動が重なっていって、そういう場所をツアーで参加させていただきました。アメリカは「オタコン」、スペインは「サロンデル・マンガ・フェスティバル」、ブラジルだったら「アニメ・フレンズ」それぞれの規模が大きくなっていったところに、JAM Projectはひとつのツアーとして回りました。その間にはアジア圏は単独のソロライブとして開催しました。

Q:アラブ圏初ライブ「JAM Project First Steps into the Middle East ANIME SONGS unite the world」をテレビ初放送しますが、2016年に開催した中東アブダビでのライブでのエピソードはありますか?
影山ヒロノブ:
野外でのライブでしたので本当に暑さについては大変でした。搾れるくらいの汗をかきましたね。

Q:国内でのライブの違いはありましたか?
影山ヒロノブ:
当然、慣習やタブーなものもあって、例えば「お客さんへ指を刺してはダメ」とか、握手会もしたんですが「アーティスト側から女性ファンへ先に握手を求めるのは止めてください」とか。あと王族の方がヘリコプターでライブを観に来たり。(笑)
また、初のアブダビでのLIVEをした記念に、せっかくだからと高層ビルの屋上でMV撮影したんですが、画の中の後方に王族の方の家が映ってはいけない、という指示もありました。そういう決まりは厳しかったですね。

遠藤正明:
あと、お酒が飲めないと思って大量に持ち込んだんですが、意外と飲めました。(笑)

きただにひろし:
スーツケースの中がおつまみだらけで。(笑)

影山ヒロノブ:
基本的には売っているんだと思います。ただ現地の方は買わない。「飲みたくないの?」と聞いても、「飲んだことがないから分からない」と。あと、ライブの後打ち上げを兼ねたパーティをしたんですが、その国の偉い方やスタッフの方も居てテラスで話していたら、ホテルの隣にあったレース場でF1カーが走っていたり。(笑) 本物の砂漠も目の当たりにしました。

きただにひろし:
鳥取砂丘じゃなくてね。(笑)ドローンを使用してMV(Official Video – THE EXCEEDER -)を撮影しましたね。

Q:視聴者の方に向けてメッセージをお願いします。


福山芳樹:
20年の歴史のあるグループなんですが、この映画や特集放送ですべてが分かると思います!でも、僕も見ていない番組があるのでこの機会に見て復習しようかなと思っています!みんなも観てください!(笑)

きただにひろし:
エンタメの世界って知らないこともまだあって、こういうボーカルグループがこういうことを思っているんだ、ライブの前はこんなことをしているんだ、とか色々なことが見える映画や特集放送になっていると思います。そういうドキュメンタリーな部分は本当に面白いと思いますので、楽しみに見ていただけたらと思います。

奥井雅美:
映画や特集放送を偶然見かける方もいるかもしれないし、名前を聞いたことあるな、とか全く知らない初めての人まで、JAM Projectとはこんなことをやっているんだということがギュッと詰まっているものになっているのでぜひご覧ください。

遠藤正明:
今でこそいろいろなアーティストが海外でライブをした映像とかあると思いますが、自分たちもやって来ているんだという強い思いがあるので、こうやって放送や映画で紹介していただけるのは本当に嬉しいです。こうやって頑張っているアーティストがいるんだよ、ということを知ってもらえたらと思います。

影山ヒロノブ:
20周年というタイミングで映画が公開されることについて、自分にとっても初めてだし、最高です。その時代時代で、そのポイントに立つことって人生の中でもそんなにあることじゃない。僕らはたまたま2000年に結成したということで、日本のアニメが国内でも世界的にも市民権を急速に得ていくときと、リンクしたことが一つのドキュメンタリーになっていると思います。それをJAM Projectと一緒に辿ってくれたら嬉しいなと思います。



「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」公開記念特集
「JAM Project First Steps into the Middle East ANIME SONGS unite the world」(2016年)

放送日時:2月21日(日)23:40~、26日(金)26:45                      
【出演】:JAM Project、FLOW
「JAM Project」がアラブ圏で行った初ライブを追ったドキュメンタリーをTV初放送。 アニソン界を代表する実力派シンガーによるスーパーユニット「JAM Project」(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)。2016年10月、中東アブダビ初のアニメフェスに招聘された彼らがアラブ圏で行った初ライブを追ったドキュメンタリーをTV初放送。

「JAM Project 20年のあゆみ」 (2020年)

放送日時:2月21日(日)23:30~・26日(金)26:35~
アニソン界を代表する実力派シンガーによるスーパーユニット「JAM Project」(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)の結成20周年を振り返る、ファミリー劇場オリジナルのミニ番組。

【関連作品 放送】
◆「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 (2016年・全12話) 2月27日(土)18:55~ [一挙放送] 
◆「薄墨桜 -GARO-」 [PG-12] (2018年) 2月9日(火) 25:30~ ・25日(木)25:30~ 
◆「神ノ牙-JINGA-」 (2018年・全13話) 2月10日(水)スタート毎週(月)-(木) 25:30~
  [3話連続放送]  ※17日(水)は1話のみ 
◆「GARO -VERSUS ROAD-」 (2020年・全13話) 2月17日(水)スタート毎週(月)-(木) 25:30~
  [3話連続放送] ※17日(水)は26:00~ 2話のみ              

視聴方法・詳細はこちら

JAM Project結成20周年&映画化記念特番 「JAM BANG!(ジャムバン)」
ファミリー劇場CLUBで映画化記念特番を独占配信!
配信開始日時:2月12日(金) ※配信開始時間などの詳細は後日発表
(※Lantis YouTube Channelではダイジェスト版を期間限定公開:2月12日~3月11日予定)
アニソン界のレジェンド「JAM Project」の結成20周年、そして初の映画化を記念した特別番組。
メンバー自身が20年を振り返るトークや映像を交えて、ドキュメンタリー映画「GET OVER ―JAM Project THE MOVIE―」が密着してきた、激動の1年あまり、そして未来への希望を語る。ファンからの質問に応えるコーナーも!

「JAM BANG!(ジャムバン)」は詳細の発表まで少々お待ちください♪

『牙狼<GARO>』アニメシリーズ関係者からのコメント解禁!
新たにJAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、『牙狼<GARO>』アニメシリーズ関係者からのコメントが解禁されました!

色紙でお祝いコメントをお寄せいただいたのは、「薄墨桜 -GARO-」、「牙狼<GARO> -紅蓮ノ月-」のメインキャラクターデザインを手がけた桂正和さん(漫画家)、「牙狼<GARO>-炎ノ刻印-」、劇場版「GARO-DIVINE FLAME-」の監督である林祐一郎さん(アニメーション監督/「掛ケグルイ」、「進撃の巨人『The Final Season』」)、「牙狼<GARO>-VANISHING LINE-」の監督などを手掛けた朴性厚さん(アニメーション監督/「The god of highschool」、「呪術廻戦」)の3名。
お祝いのコメントとともに、それぞれクリエイターらしい独特の感性でJAM Project、そしてキャラクターが表現されたイラストはファンならずとも目が留まるものになっています。

さらに、それぞれのアニメシリーズでキャラクターボイスをつとめた浪川大輔さん(声優)、関智一さん(声優)、朴璐美さん(声優・女優)、堀内賢雄さん(声優)からも、JAM Project=“アニソンの開拓者”に対しての思いを込めた熱いエールを交えたコメントが到着しております。
色紙やすべてのコメントはこちらのページにて公開。(順次、公式TwitterでもUP予定)。今後も、引き続き毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表いたします!どうぞお楽しみに!

そして、劇場前売り券(ムビチケ)は絶賛発売中!
前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちらをご覧ください。

『牙狼<GARO>』アニメシリーズ関係者からのコメントはこちらからチェック!
各メンバーゆかりの関係者から文字・色紙・動画でお祝いコメントが到着!
新たにJAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、各メンバーゆかりの関係者から、文字・色紙・動画それぞれでお祝いコメントが到着、解禁となりました!

まず、色紙でお祝いコメントをお寄せいただいたのは、河森正治さん(アニメーション監督、メカデザイナー、ビジョンクリエイター)、さいとうちほさん(漫画家)、あらいずみるいさん(漫画家・イラストレーター/神坂一著【スレイヤーズ】原作イラスト・コミック・キャラデザイン)の3名。
それぞれJAM Projectのメンバーと馴染みが深いキャラクターが描かれたイラストとともに、20周年、そして今回の映画化へのお祝いコメントが書き添えてある、世界に1枚だけのファン垂涎の貴重なものになっています。

さらに、こちらもJAM Projectのメンバーと親交が深い、May’nさん(アーティスト)、Ta_2さん、YORKE.さん(OLDCODEX/アーティスト)からも、お祝いとアニソンの開拓者である“先輩”へのリスペクトを交えた動画コメントが到着。加えて、IKUOさん(ベーシスト)からも「第一線のキャリアのあるアニソンシンガー達が「アニソンプロジェクト」というかつて誰もやっていなかった事に挑戦をし、20年も先駆者として活躍されているその「情熱」と「凄さ」を感じとれました!」とのコメントが到着しております。
色紙や動画、コメントはこちらのページにて公開されました(順次、公式TwitterでもUP予定)。今後も、引き続き毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表!どうぞお楽しみに!

そして、劇場前売り券(ムビチケ)は絶賛発売中!
前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちらをご覧ください。

各メンバーゆかりの関係者からの文字・色紙・動画お祝いコメントはこちらからチェック!
『牙狼<GARO>』シリーズの原作者・出演者からコメントが到着!
JAM Projectの結成20周年と本作品の映画公開に向けて、『牙狼<GARO>』シリーズの原作者・出演者からの追加コメントが到着、そして解禁!

『牙狼<GARO>』シリーズの原作者である雨宮慶太監督は、「<ココロ>というカタチもなく見えないモノを揺さぶる仕事。生業。それがギュッと詰まった至福の映画!20周年、映画化おめでとうございます!!牙狼も15周年。その時をJAM Projectと共に歩めた事。それは誇りであり宝であります!感謝。本当に大感謝。」と熱いコメント。

さらに独特のタッチで描かれた迫力溢れる直筆の色紙も合わせて解禁され、JAM Projectの結成20周年と初の映画化に向けてエールを送っております。
『牙狼<GARO>』シリーズの出演者である、小西遼生さん、肘井ミカさん、藤田玲さん、松大航也さん、日南響子さんからの動画コメントも合わせて解禁。
雨宮監督の色紙と『牙狼<GARO>』シリーズの出演者コメント動画はコメントページにて公開しております。

今後も、毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表していく企画を本公式サイトおよびSNSにて実施予定ですので、お楽しみに!

いよいよ1月15日(金)からは、劇場前売り券(ムビチケ)の発売が開始となり、前売特典には「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されます。
劇場前売り券(ムビチケ)の詳細はこちらをご覧ください。

『牙狼<GARO>』シリーズの原作者・出演者からのコメントはこちらからチェック!
コメントページ
【スペシャルコンテンツ】「JAM Project 20年のあゆみ」を公開!
アニソン界を代表する実力派シンガーによるスーパーユニット「JAM Project」(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)の結成20周年を振り返る、スペシャルコンテンツを公開いたしました!

約5分で、改めて「JAM Project」の歴史を振り返ることができるスペシャル映像を、2月26日(金)公開の『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』を見る前に、ぜひご覧ください。
タイトル、公開日、キービジュアル、本予告、前売券、ゲストアーティスト解禁!

「アニソン」を世界に躍進させた開拓者であるJAM Projectの初のドキュメンタリー映画のタイトルは、『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』に決定!
公開は2月26日(金)から3月11日(木)まで2週間限定ロードショーされます。

 

さらに、キービジュアルと本予告も解禁。ビジュアルは、これからライブに挑む前の5人のみなぎる闘志と結束力の強さを感じさせる後ろ姿が全面に映し出され、5人を囲むように、ライブ、レコーディング、オフの姿など、様々なシーンを切り取ったビジュアルが散りばめられたデザインとなっております。
また、本予告は、遠藤の「アニソンってダサいイメージがあった」という、今のJAM Projectとは結び付かない言葉から始まります。彼らがいかにして、自分たち発信の“アニソン”を作るようになりファンに受け入られていったのか。そして、「JAM Projectという“体”が重くなってきたのかな」と語る福山の想いとは…。
本作はメンバーさえも知らなかった“真実”の姿を映し出した究極のドキュメンタリーでありながら、このコロナ禍で元気を失っているエンタメ業界、そして今後のエンタメ業界を担うであろう若者たちに勇気を与える、挑戦をし続けてきたJAM Projectだからこその説得力のある言葉や行動で紡がれた、まさに今こそ見るべき内容となっている。

 

キービジュアル、本予告のほか同作に出演するゲストアーティストからのコメントも到着し、本サイト「COMMENT」ページにて公開しております。ゲストアーティストは、ALI PROJECT、angela、GRANRODEO、FLOW、梶浦由記という豪華な面々。JAM Projectに対し、彼らは「JAM Project5人の、歌に、音楽に、向かう個々の気持ちは、人間の、生きるということに対する姿勢そのもの。だから私たちは彼らの歌声を耳にしただけで、無条件に無意識に感動を覚えるのです。」(ALI PROJECT)、「ライヴのシーン、見ているだけで泣けてきます。「抱えるもの」を昇華し表現していく背中。まだまだ追いかけたいです。」(atsuko/angela)、「JAM Project のKATSUです。こう発言すると今はヒーローモノの主人公になれたような気分です(笑)僕が伝えたかった事は映画本編で少し伝えられたのでここでは言いません!」(KATSU/angela)、「偉大な先輩で、でも楽に偉大になり得たわけではないのだなと、当たり前なんだけど深々と感じました。JAM project 先輩、MOTTO MOTTOつき進んでください!」(KISHOW/GRANRODEO)、「切り拓き重ねてきた偉大な歴史とメンバー本人たちの口から語られた赤裸々な思いに胸が熱くなりました!ソロでも活動している一人一人がこれだけのことをしながらパワーアップしている姿は見習いたい所や考えさせられたところもあり本当に素晴らしかったです。」(e-ZUKA/GRANRODEO)、「やっぱりフロンティアでありレジェンド!!!歴史の中での葛藤や苦悩もきめ細かく描写されてて見応えたっぷりでした」(TAKE/FLOW)と言葉を寄せ、梶浦は「JAM Projectさん結成20周年、そして映画完成おめでとうございます!積み重ねて来たステージ、そして真摯に語られる2020だからこその想い、レコーディング風景も大変興味深く、試写室を出て冬空を見上げ、私もより音楽と向かい合わねば!と熱い気持ちをいただきました。」とコメントしております。さらに、来週からは毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表していく企画を作品公式サイトおよびSNSにて実施予定です。

 

また、劇場前売り券(ムビチケ)は1月15日(金)より発売が決定。前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されることが発表となりました。

 

「GET OVER ーJAM Project THE MOVIEー」ムビチケ前売券情報
価格:2,300円(税込)
発売日:1月15日(金


 

購入方法:
■上映劇場窓口※1月15日(金)劇場オープンより販売開始
詳細は上映劇場リスト

 

<劇場購入前売特典>
「バックステージパス風ステッカー」(5種ランダム配布)
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき1種を配布いたします。
※種類はお選び頂けません。
※数量限定につき、なくなり次第配布終了となります。

 

■通販サイト※ 1月15日(金)AM0:00より販売開始
ムビチケオンライン
※前売特典はありません。

 

メイジャー通販
※前売特典はありません。

「GET OVER ーJAM Project THE MOVIEー」ムビチケ前売券情報
価格:2,300円(税込) 
発売日:1月15日(金)

購入方法:
■ムビチケ前売券(カード):上映劇場窓口※1月15日(金)劇場オープンより販売開始
詳細は上映劇場リスト
 

<劇場購入前売特典>
「バックステージパス風ステッカー」(5種ランダム配布)
※ムビチケ前売券(カード)1枚のご購入につき1種を配布いたします。
※種類はお選び頂けません
※数量限定につき、なくなり次第配布終了となります。
 

■ムビチケ前売券(カード):
通販サイト※ 1月15日(金)AM0:00より販売開始
※前売特典はありません。


■ムビチケ前売券(オンライン):
ムビチケ公式サイト※ 1月15日(金)AM0:00より販売開始
※前売特典はありません。
※カード券ではありません。
メンテナンスのお知らせ

システムメンテナンスのため、下記の時間帯について、本サイトを閲覧頂けなくなります。

 

■メンテナンス日時
1月7日(木)0:00~23:59まで

 

お客様にはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

『JAM Project THE MOVIE(仮)』公式Twitterスタート!

『JAM Project THE MOVIE(仮)』2021年 全国公開決定に合わせて、公式Twitterもスタート!いまだ未完成の究極のリアルドキュメンタリーの制作状況を時折発信しながら、JAM Projectの活動を応援していきますので、是非ともフォローをお願いします!

 

■公式Twitterアカウント:@JAMProject_eiga

 

メンバーからのコメント全文が到着!

2021年全国公開に向けて、メンバー全員からのコメントが到着!ありのままのJAM Projectの姿を映し出した、現在進行形の究極のリアルドキュメンタリー。

 

 

(影山ヒロノブ) 昨年からずっと撮影スタッフと共に行動し、たくさんのシーンを撮り溜めてきました。
そしてあとは、20周年のツアーでの圧倒的なライブ映像で、このムービーを締めくくる。
そんなツアー開始直前、日本、いや世界中が一気にコロナ禍に飲み込まれてしまいました。
当初、早期で沈静化するんじゃないかという予測、いや、なんとかどこかのタイミングでツアーを再開したいという願いも虚しく、20本以上あったツアーは見事に全て中止になってしまいました。この全てが一瞬で閉ざされた史上最悪な出来事。この俺たちのドキュメンタリー映画も中止になるのかと思われました。
でも、撮影スタッフらは言いました。このコロナ禍も含めて2020年、20周年を迎えたJAM Projectの真のドキュメンタリーだと。嘘偽りない等身大の俺たちの姿をぜひ見てやってください。

 

(遠藤正明) 『えっ!?俺達のドキュメンタリー映画??マジで???ウソだろう…』って言うのが俺の最初の正直な気持ちかな。いや、今も同じ気持ちだよ。いやいや、今でもドッキリ企画なんじゃないのって思っているよ(笑)
でも今こうやってティザービジュアルを観せてもらって、もしかしたら本当なのかもなぁ…と思っている。まぁ、でもまだ半信半疑だけどね(笑)
一年近く、カメラやスタッフさん、監督さんが密着し撮影してくれていたけど、最初はお互い知らない者同士だし、俺はカメラ向けられるのにも抵抗があって、ちょっと構えて逃げていたなぁ…。だって知らないヤツに素を観られるのって恥ずかしいし、イヤじゃん!それに監督さんは怪しいしさぁ(笑)
でも密着して行くうちに、俺達の歌を聴いてくれた監督やスタッフさん達が、俺達に興味を持ち始めてくれたのが分かってからは俺も心開けたかもなぁ…って、面倒臭いヤツでゴメンなさいね(笑)
映画はどう言うモノになっているのかは知らないので見当もつかないけど、紛れもなく嘘偽りない今の俺達がそこに居ると思います。やっぱ凄く小っ恥ずかしいけど、監督さんやスタッフさん達が一生懸命喰らい付いて切り取ってくれた、現在進行形の俺達を観て欲しいなぁ。楽しみにしていて下さい、俺も楽しみにしています。

 

(きただにひろし) 『映画を創ります!』… はぁ??から始まった撮影も、最後には誰もが予想もしないコロナウイルスという魔物に邪魔をされてしまいましたが、スタッフのみなさんのおかげで公開する事が決定となりました。
映画っていっても僕らは俳優さんじゃないのでw、役を演じるわけでもなく、20年走り続けて来たグループのありのままの姿をお伝えするドキュメンタリーとなってます。
長期密着収録だったからこその、そこから見えるメンバー達の素顔や、アーティストとしてのリアルな部分、熱いライブ映像はもちろん人生の舞台裏などなど…、見どころ満載でお送りします。お楽しみに \(//∇//)\ 。。。♪

 

(奥井雅美) ドキュメンタリー映画を撮ってもらう機会なんて、人生そうそうないよなぁ…、ありがたいなぁ…と思いながらもなかなか「撮られる側」の意識を持てないまま、監督や撮影してくださるスタッフさんと共に過ごした日々。
本当に時間をかけて国内外問わずいろんな場面をカメラに収めてもらいました。いつしか構えることもなく自然な自分たちになっていたかもしれません(ちょっと怖い 笑)
JAM Projectは個々長くソロ活動もやっているし、それぞれに歌のスタイル、音楽のスタイルがあり、そして生き様までも色濃く出ているグループ。
自分たちを知ってくださっている方は「JAM Projectって力強くって熱くって」みたいなタイアップ曲のイメージが強いかもしれませんが実は多面的。きっと作り上げた音源やライブだけでは感じられない初めての“一面”がスクリーンに映し出されると思います。その“一面”が音楽と同じように少しでも誰かの元気や生きる力になれば嬉しいです。
JAM Projectのファンの皆様にはもちろん、アニメやアニソンが好きな方、同業者の皆さんや関係者の方々にも是非観ていただきたいです。
産み落とした楽曲たちと共に大切な作品。今までに無い大きな「生きた証」を遺す機会を頂き本当に感謝しています。公開を楽しみにしてます♫

 

(福山芳樹) 映画って聞いてびっくりしました。スクリーンに顔でかく出るんでしょ?
恥ずかしいなあなんて思ったりしてね。
1年以上の撮影の中でいろんなことがありました。単発のライブ、レコーディング、プライベートなことまで。他のメンバーがどんなものを撮られてるのかまったく知らないので、僕が初めて聞く話も多いと思います。大澤監督とも仲良くなれたし、今まで話さなかったことまで話したかも。
当初は20周年のツアーを収めた、大団円で締めくくる映画だと思ってたんだけど、まさかツアー1本もできずに、こんな時代の真っ只中で発表することになるとは。
でもだからこそ他とは違ったものビデオの終わりに入ってるメイキングとは違う、特別な作品になるんじゃないかな。そして映画がどんな結末になるのか。
僕らも楽しみです。ちょっと怖いけど(笑)